Copyright©︎2016 neomura All Rights Reserved

neomura_logo.jpg

ACTIVITY

 

用賀サマーフェスティバルの主催

neomuraの基幹事業である「用賀サマーフェスティバル」を主催。

企画・制作・運営・資金調達を学生が主体的に取り組む、夏のお祭り。

当日では100名近くの学生たちがプロデュースし、地元を盛り上げる一端を担っています。

より地域の皆様に愛されるお祭りにすべく、大きな企画変更と体制強化のため、

2019年はお休みし、2020年以降に向けて準備中。

《沿革》

2005年(第1回)   :用賀サマーフェスティバルを初開催。

2014年(第10回) :動員数約1万人を記録。

2018年(第14回) :動員数約1万5千人を記録。全国で初めてお祭りに仮想通貨決済を導入して話題に。

 

neoichi & neobarの立ち上げ・運営

2017年4月に用賀商店街の一角に“まちづくり型物産店”neoichiをオープン。

iPad上で投票できる「まちづくり総選挙」を実施し、収益の一部を世田谷区若者支援事業へ寄付。

2018年4月には“よりみちバル”neobar (ネオバル)としてリニューアル。

用賀に住む様々な地元民が交流する場作りに注力しました。

住民主体の任意地域コミュニティ「チーム用賀」も生まれるきっかけとなり、

地域の若者とまちを繋いできました。

​※現在店舗は休業中

 

用賀BLUE HANDSの運営補助

任意型地域コミュニティ「チーム用賀」からスピンオフする形で生まれた用賀周辺のクリーン活動。

neomuraは、この活動に対し、活動支援や補助を行なっています。

2019年2月から毎月2回活動し、総勢約150名が参加。

子どもたちの参加が多く、地域の清掃活動を通して、

地域における子育て世代の繋がりも目指しています。

  • Facebook
Show More
 

チーム用賀の運営補助

大学生だけでなく、様々なバックボーンを持った個性豊かなメンバーが集まる

用賀にゆかりのある任意型地域コミュニティ。

neomuraは、毎月の定例会の運営補助を行なっています。

毎月の定例会を通じて、街を盛り上げるプロジェクトを様々企画中。

家族ぐるみでピクニックや、ランニング等メンバー内の交流イベントも盛りだくさん!

​用賀にゆかりがある方、想いがある方でしたらどなたでも入れます!

  • Facebook

「情熱せたがや、始めました。」事業受託業務

若者自身が、若者らしい視点で集めた世田谷の魅力的な情報を、

いつでも、どこでも、手軽に知ってもらえるよう、SNSを使って情報発信するチーム。

若者の参加・参画の仕組み構築業務として、世田谷区から事業受託しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
default_note_logo-100a27d592505c50c29b03
44813399_348115169092345_177316993382429