top of page
  • NPO法人 neomura

【活動報告】第48回用賀Blue Hands -2022年最後のブルハンで、事件は起こった!

こんにちは。neomura広報のasacoです。早いもので今年も残りわずか!今回は2022年最後の活動報告です。


12月3日(土)に実施した「用賀 Blue Hands」。だいぶ寒さの堪える季節になりましたが、以前にも来てくださった方々にご参加いただきました。


前回に引き続き、そんなみなさんの声をお届けします!



先月に続き、BULE HANDS参加しました!

今回もゴミは多かった! ゴミがゴミを呼ぶのか、、、 OKの近くで、タバコの吸い殻が 喫煙所かのように、たくさん。。。 吸い殻が落ちていると ここ吸っていいんだなみたいになるのかな? 1本残らず、全て拾っておきました

やっぱり、ゴミがない方が綺麗だし、 歩いても心地よい! ゴミがゴミを呼ぶ事にならないように、 みんなで気をつける、ゴミ拾いするのが一番ですね

今回もありがとうございました。

おにぎり事件の真相は。。。!?

(Sさん)



寒くなってきたのでゴミも少なくなってきたかな?とおもったところで、まさかの事件?!寒い中みなさまお疲れさまでした!(Hさん)


ーーー


お二人とも、感想に「事件」というワードが含まれていますが、そうなんです。思いがけずハプニングが起こりました。その名も「おにぎり事件」!!! ちなみに、実際にその事件に出くわしたのはわたしなのですが、ゴミが多くありがちな垣根の中をトングでゴソゴソしてると、未開封のおにぎりがひとつ、ふたつ。なんなら賞味期限は12/2で、まだ食べられるじゃん!なんて呑気に思っていたんですが(笑)

少し移動してまた垣根を覗くと、またおにぎり。再度移動して垣根を覗くとまたまたおにぎり。を、何度も繰り返して、結果的には写真ほどの大量のおにぎりが(しかも、賞味期限は様々。中には原型を留めていないものも)

なぜか、そのほとんどが昆布でした…謎だ。。。

みんなー!たいへんー! おにぎり事件ーー!!!


と、2022年最後のブルハンは謎の事態で締めくくることになりました(^◇^;) すべてファミマのおにぎりだったので、活動のあと一番近いファミマにゆき、店員さんに事情を話しましたが、廃棄されたおにぎりを誰かがゴミ箱から持ち出しているのかも…とのことで。


まぁ、それ自体も問題なのだけど、賞味期限が過ぎただけでなんの疑いもなくおにぎりが廃棄になる事実にもショックを受けました。分かってはいるけれど、現実を突きつけられると胸が痛みますよね。


食べ物は大切に。当たり前のように昔から言われ続けているけれど、実際のところはみんな見て見ぬフリして真逆のことが起こってる。来年は用賀のみんなと、そんな課題にも向き合っていけたらなぁと思いました。



最終活動日もゴミがいっぱい!お疲れさまでした。

さて、そんなわけで 2022年「用賀ブルーハンズ」の活動はすべて終了致しました。ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。2023年も引き続き"きれいな用賀の町"をみんなの手で築いていけたらと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします!


それでは、少し早いですが、みなさま良いお年をお過ごしください。




♦︎2023年最初の開催日は【1月7日(土)9:00~】になります。


イベントページは、「チーム用賀」の公式Facebookページでお知らせいたしますので、ご興味ある方はぜひフォローください。


==========


用賀 Blue Handsは、用賀に拠点を置く住宅メーカーである東京組様のご支援、JT(日本たばこ)様にもご協力、(リアル開催の際には)玉川清掃所様のごみ回収サポートも頂いております。


こうした市民・団体・企業・行政の垣根を越えた活動の輪を、今後も広げていきたいと思います。

閲覧数:110回0件のコメント
bottom of page